結婚式は一生の思い出となるイベントであり、ドレスや会場から始まり、装飾、ケーキ、音楽にいたるまで考えることはたくさんあります。DJと生演奏のどちらを依頼するか悩むこともあるかもしれません。多くのカップルは、DJを雇うより良いカバーバンドを雇ったほうがよいと答えています。

それでも迷っている方のために、バンドを雇うべき理由をいくつか挙げてみましょう。

生演奏は会場を盛り上げる

優れたバンドはカバー曲を演奏するだけでなく、パフォーマンスを向上させるために自己投資を行い、会場でも見栄えがします。よって、会場は盛り上がりを見せ、自然と活気が生まれます。

興奮度合いが高まる

DJを雇うほうが費用はかかりませんが、生演奏のような雰囲気は出せません。ゲストはダンスを楽しみたいと思うと同時に視覚的なパフォーマンスも求めています。残念ながら、DJではそれは無理です。一方でライブバンドなら、ゲストの興奮度合いを高め、盛り上がりを見せるでしょう。

式終了後もゲストはパーティーを求めている

多くのカップルは、ゲストは結婚式についてほとんど覚えていないということに気づいていません。最も重要なのは余興です。その時間が楽しくて盛り上がりを見せれば、盛況な式となるだけでなく、式が終わった後もゲストがパーティーを望むようになります。

ライブバンドを雇えば、DJよりもはるかに多くの誉め言葉を聞くことが期待できます。披露宴成功の鍵を握るのは、生演奏の余興です。

生演奏は唯一無二

ライブバンドは曲のバリエーションが少ないというDJの声をよく耳にします。しかし、実際には豊富な曲目は必要ありません。最新のヒット曲や懐かしの名曲を演奏できるウェディングバンドが大半ですが、それ以上に必要なものは何でしょうか?

通常、リクエストが多い曲はリストに含まれていますが、披露宴で演奏して欲しい曲をバンドに確認することもできます。

生演奏はダンスが好きなゲストに最適

多くのカップルは、バンドが演奏する曲、演奏すべきでない曲をすべて自分たちで選ぶべきだと考えています。しかし、DJと生演奏のいずれを依頼する場合でも、これは良い考えではありません。経験豊富な生バンドは同様のお祝いの席で何度も演奏しており、ゲストがどのような曲を好むのかをよく知っています。ですから、彼らの選択を疑うことなく、お任せしましょう!