イントロダクション

INTRODUCTION

「オケ老人!」たちが、大奮闘!アマオケ史上最高の演奏をお届けする、痛快!クラシック音楽エンタテインメントが誕生しました。

「梅が岡交響楽団」(梅響)は、伝統ある楽団だったが、今はすっかりお年寄りばかりのダメなアマチュア・オーケストラ。そんな彼らのもとへ、高校教師・小山千鶴が間違って入団してしまう。
老人だらけのオーケストラで、しかも演奏は疑ってしまうほどひどいレベル。さらにバイオリンを弾きたくて入団したはずが、なぜか指揮者として梅響を引っぱる役目に……。けれど、 自由奔放な老人たちと出会い、音楽の本当の楽しさを知る千鶴。そして千鶴と出会い、オーケストラとして音楽を多くの人に届ける喜びを知るアマオケ老人たち。運命のいたずらによって出会った彼らが、年代を越えてぶつかり合い、刺激し合い、成長していく姿には、笑いと感動にあふれ、老若男女問わず元気と幸せを届けます。

イントロダクション

主役・小山千鶴を演じるのは、名実共に人気女優ナンバーワンの杏。満を持して映画初主演を飾ります。持ち前の美しい四肢でバイオリン演奏と指揮にチャレンジ。音楽を愛する真摯な姿と老人たちに振りまわされるコミカルな姿を演じ、女優としてさらなる新境地を拓いています。

老人だらけの「梅が岡交響楽団」のアマオケ・メンバーには、笹野高史、左とん平、小松政夫、藤田弓子、石倉三郎、喜多道枝、茅島成美、森下能幸、梅響に対抗する「梅が岡フィルハーモニー」のコンマスには光石研など、味のある大ベテラン俳優がずらりと顔を揃えます。また、千鶴の同僚で後輩の英語教師には坂口健太郎、笹野の演じる野々村の孫に黒島結菜、飛ぶ鳥を落とす勢いの旬の若手俳優の活躍も見どころです。

原作は『ちょんまげぷりん』や『探検隊の栄光』などが映画化されている荒木源氏の同名小説。監督は『ぱいかじ南海作戦』で劇場監督デビューを飾った細川徹。コメディを得意とする彼らと杏を筆頭にした名優たちのアンサンブルによって、笑いあり涙ありの痛快クラシック音楽エンタテインメント映画が誕生しました。

公式トップへへ戻る

ページトップへ